2008年09月21日

xx//xx アミノ酸の分類 xx//xx

★全てのアミノ酸
私たちの体は20種類アミノ酸からつくられるという事と、それぞれのアミノ酸ばどれ一つとして不足してはいけないことは説明してきましたが、20種類アミノ酸にはどんなものがあるのでしょうか?

最初に必須アミノ酸(体の中で合成できない)と非必須アミノ酸体内合成が出来る)に分けてみます。
不足しているアミノ酸が、非必須アミノ酸なら他のアミノ酸を原料にして合成することもできます。 でも、不足しているアミノ酸必須アミノ酸の場合は、十分な細胞DNAを作ることが不可能になります。 また、不足しているのが非必須アミノ酸だった場合も、お年寄りの場合や、体の弱い人病気の場合などには合成が充分に行われない場合があります。

通常【必須アミノ酸】というと8種類9種類の分類をする場合とがありますが、【ヒスチジン】というアミノ酸年齢によって合成することができます。そこで、このアミノ酸を【非必須】にする場合と【必須】にする場合とがあります。
この中で【非必須アミノ酸】に含まれるアミノ酸であっても、体調によってはの中で合成されないアミノ酸もあります。また、【必須アミノ酸】が不足した場合、【非必須アミノ酸】の合成も十分に行えないため、蛋白合成の総量が低下してしまいます。

同じ【グルタミン酸】というアミノ酸でも、型分類によって2種類があります。
D型】と【L型】と呼ばれ、両方を混合させた【DL型】というものもあります。

私たちの体で蛋白質合成することが可能なのは【L型アミノ酸】だけです。又、【D型アミノ酸】は蛋白質合成には使われません。
L型】には天然アミノ酸のみしか存在しませんが、化学的合成されたアミノ酸は【D型】だけでなく【L、D、DL】全てのアミノ酸があり、これらは調味料をはじめ、医薬品鎮痛剤など)、香料にも使用されています。


アミノ酸で私たちの体の約20%を占めるタンパク質は構成されていて、アミノ酸の大切な組織作り必要成分です。

人体を構成する基本のアミノ酸の中の食事から摂る必要のあるアミノ酸9種類必須アミノ酸といいます。

最近では、自分の目的にあった特定のアミノ酸タイミングよく使うことによって、アミノ酸が持つ薬効効率的に得ることができることが明らかになりました。
又、欧米諸国では、こういったお食事から摂る必要のある栄養素が不足しない為に、日常的に健康食品サプリメントを積極的にお食事に取り入れています。

posted by tea at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | アミノ酸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106934578
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。