2008年02月14日

アミノ酸の成分と効能

プロテインというとダイエットのみを意識しがちですが、ツヤ水みずしさハリが欲しいという時に意識して摂取すると効果のあるサプリメントプロテインというアミノ酸の集まりです。

人間の身体を構成するアミノ酸の中で特に注目される20種類のものがありますが、 肝臓で人間が生きていく上で不可欠なアミノ酸のうちの80%が生成されます。
そして残りの20%は、食品等から摂る必要のある必須アミノ酸と呼ばれる9種類で、人体で合成する事はできないバリンロイシンイソロイシンリジンレオニンメチオニンヒスチジンフェニルアラニントリプトファンというものがあります。
その他にも幼児期に必要なアルギニンがありますが(準必須アミノ酸)、いずれが欠けても筋肉血管などの合成ができなくなります。

お肌には「ターンオーバー」という細胞の生まれ変わりのサイクルがあり、美容特集などで見聞きした事があると思いますが、
このサイクル約1ヶ月サイクルであるため、例えダイエット中でも今からしっかり「プロテイン」を摂取すれば約1ヶ月後にはあなたのお肌にツヤハリが復活します。

プロテインサプリメントには、大きくわけて動物性たんぱくと植物性たんぱくがあります。

従来、動物性たんぱくの代表的なものとしては卵白プロテイン植物性たんぱくの代表的なものとしては大豆プロテインといったものが一般的に使われてきましたが、現在、店頭でみかけるプロテインパウダーのほとんどは「ホエイプロテイン」です。
植物性たんぱく大豆プロテインは、消化吸収がゆっくりでカロリーも少なく、バランスよく必須アミノ酸が含まれているというのが特徴になっています。



必須アミノ酸              効果・効能                   食材


イソロイシン     成長促進・筋肉強化・神経機能、肝機能向上   牛肉、鶏肉、鮭、牛乳、チーズ 

ロイシン      肝機能向上                    牛肉、レバー、ハム、牛乳、チーズ                                                                                                                         
リジン            体の組織修復                    魚介類、レバー、卵、牛乳、大豆 

メチオニン        抗うつ、ヒスタミンの血中濃度を下げる     牛乳、牛肉、羊肉、レバー、小麦


フェニルアラニン  鎮痛作用、抗うつ効果                   肉類、魚介類、卵、大豆、
                                                                   チーズ、  アーモンド


スレオニン       脂肪肝の予防、成長促進             卵、ゼラチン


トリプトファン    精神安定、鎮痛・催眠効果           牛乳、チーズ、大豆、バナナ 


バリン       成長促進、筋肉強化、肝機能の改善      鶏肉、チーズ 


ヒスチジン     慢性関節炎の緩和、ストレスを軽減する    魚介類         
posted by tea at 03:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロテインの効能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。